アンティークジュエリーとヴィンテージジュエリーの店 MERCI CENT FOIS【メルシサンフォア】へようこそ。ヨーロッパのアンティークをお楽しみくださいませ。

シルバーギルド・アメジスト・ペリドット・パールリング A-406

0円(内税)

いわゆる「サフラジェット」を象徴する色(紫=アメジスト・白=パール又はダイヤ・
緑=ペリドット)を使った昆虫の指輪。

サフラジェットとは19世紀末から20世紀初頭にかけての、イギリスの女性参政権を
求める運動家のことで、この3色をイメージカラーとして採用していました。

紫は尊厳、白は純粋さ、緑は希望という意味があります。

何故この3色になったかは、1908年に女性社会政治連合が「Give Women Votes」(女性に選挙権を)
の頭文字(G=グリーン、W=ホワイト、V=ヴァイオレット)をとって…ということが言われていますが、
ジュエリーに関しては19世紀後期のヴィクトリア時代からこの組み合わせはあったので
オリジナルの組み合わせというわけではなさそうです。
だとしても、意味合いとしてはとても良く出来ていますよね。

こちらの指輪はその当時に作られたものではないので、厳密にはサフラジェットとは
関係していないのですが、正にその3色には違いない為、この様なご紹介をさせていただきました。

普段見るアンティークジュエリーとは違う「洗練された」…とは言い切れない、
少し気の抜けた虫の佇まいに一目惚れしてしまった品で、
虫のほっこりとする可愛らしさに対するアメジストとペリドットの美しさには
目を見張るものがあります。

現代のジュエリーではあまり多くない宝石の組み合わせですし、特別な意味合いも
持っていたりするので、ちょっと人に自慢したくなるような指輪です。

※長い時を経たアンティークジュエリーをご紹介しております。
 こちらの指輪は十分にお楽しみいただける良好なコンディションですが、
 気になる点等がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

素材:シルバーギルド・アメジスト・ペリドット・パール
虫の大きさ:縦1.5僉濂1.6
サイズ:13号(サイズ直し不可)
イギリス 20世紀後期頃

※サイズ直しをご希望の方は、指輪のサイズ直しについてをご確認の上、ご注文下さいませ。

おすすめ商品